ライフジャケット着用が【義務化】になります。

引用:国土交通省ホームページより

平成30年2月よりデッキ上でのライフジャケット着用が原則義務化になります。(現在周知期間)

ライフジャケット着用で海中転落時の生存率は約2倍
国土交通省『ライフジャケット着用義務拡大』ホームページへ⇒

 

着用義務化に伴い、皆様でのご準備をお願い致します
原則船上での使用は国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認した、 桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)の物を使用する事となっております。
 このマークが目印

 

膨張式ライフジャケットには、自動膨張タイプと手動膨張タイプの2構造。
また形状も首かけタイプ、ベルトタイプ、ポーチタイプなど種類があります。

万が一の時、作動しなかったり、穴が開いていたりしたら役に立ちません。膨張式ライフジャケットは定期点検やボンベの交換などのメンテナンスが必要になります。

 

ちょっとかさばりますが、チョッキ式ならメンテナンス簡単です。

 

船の乗り降りで落水した事象が過去にあります。また本船ではないですが、帰港中船べりに腰を掛けていてバランスを崩して落水したり、魚とファイト中に誤って落水したという話もありました。

常に安全を心がけておりますが、万が一の時ご自身の為、おいしい魚と帰りを待っているご家族の為にも着用をお願いいします。